旅行4日目 part1

4日目はパリ観光です。
午前中は、バスで市内観光&ルーブル美術館を。
午後は、自由行動&セーヌ川クルーズです。

part1は、午前中の市内観光から始めたいと思います。
ルーブル美術館以外は、バスの中からの観光か10分くらい降りての写真撮影くらいだったので、その様子はハイライトのみで。

その前に、以前来た時のパリのイメージは悪かったんです。
冬だったのもあって、天気はどんより、朝は8時まで暗いし3時にはまた暗くなってたから、ちょっと怖かった。
ドイツやスイスも危ないんだけど、フランスでのスリへの心配、すごく神経質になったから疲れたー。
そして何よりもイメージダウンだったのが、犬の糞。
あちこちに犬の糞が・・・
街中というより、私のホテルの近くがすごかったんだけどね。
飼い主は、犬の糞を始末しません。
それはなぜかというと、糞を始末する職業の人がいるからです。
向こうの人は、その人の仕事を取るのはダメだと考えるので、糞を取ってしまうとその人の仕事がなくなるという考え。
朝(夕方もかも)、水で下水口?犬の糞を流して始末するみたい。
でも、掃除した後は綺麗だけど、掃除の間にしていって糞がどんどんたまっていくもんだから、上向いて歩けない・・・
下手したら踏んでしまいそうなんだもん(´・ω・`)
だから、何が華の街パリだ!って思った。
今回、夏だったせいで明るかったからか、少し前の悪いイメージは改善されたけどね。

では、車窓からの眺めをお楽しみ下さい。






c0119411_14245382.jpg







オルセー美術館。
元々駅だったのを美術館にしたので、中の構造も面白いですよ。
ミレーの「落ち穂拾い」、ルノワールの「ムーラン・ド・ギャレット」、他にもマネやモネ、ゴッホなどの絵があります。
もちろん彫刻もありますよ。
個人的にはルーブルより、オルセーの方が好きだったな。
(今回はオルセー行ってません。)






c0119411_14252057.jpg







コンコルド広場のオベリスク。
エジプトから運んできたオベリスクですね。
このコンコルド広場で、ルイ16世とマリー・アントワネットがギロチンで処刑されました。






c0119411_14255042.jpg






シャンゼリゼ通りの向こう側に見えるのが、凱旋門。
このシャンゼリゼ通りに、ルイ・ヴィトンの本店がありますよ。
ここの通りを、「オー・シャンゼリゼ」を歌って通ってください。
夜はライトアップされて、綺麗らしいです。






c0119411_14263694.jpg







(エトワール)凱旋門。
ナポレオンの命令で建てれたものです。






c0119411_1427566.jpg







これが名高き、エッフェル塔。
万博博覧会のためにギュスターブ・エッフェルさんが建てました。
324m。
建設当時は、賛否両論。万博が終わったら取り壊される話も出ていたが、今ではパリのシンボルとなっています。


他コンサルジェリや、ノートルダム寺院などがあるけど、それらはクルージングの方で。


ここからはルーブル美術館。
ルーブル美術館は、元々宮殿です。
だから、美術館にしてはだだっ広くて迷ってしまうよ・・・
1日では絶対に見れません。
まともに見るなら、1年とかかけて見ないとダメなんじゃないだろうか?
だから、観光客はいわゆる「モナリザ」、「ミロのヴィーナス」等の有名どころを回ることに。
ゆっくり見れたら、もっと面白いんだろうなぁ・・・
それをするには、フランスにでも留学しないとだめかもね。






c0119411_14381100.jpg







歴史の教科書でよく載ってる有名な絵だね。
ドラクロワの「民衆を導く自由の女神」です。






c0119411_14382914.jpg







「ナポレオンの戴冠」






c0119411_14385733.jpg







これが有名なレオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」。
この時、ヴァケーションの時期でもあって酷く混んでたんだけど、ここの混みようと言ったら異常だった!
流石だわ~。
人が多いと言うことは、スリもいると言うことです。
写真に気取られて、財布盗られたなんて話にならないから、気をつけないとね。
モナリザは、思ってるよりも小さいです。
だから実際見たら拍子抜けするかも?





c0119411_1439424.jpg







ラファエロの「聖母子」。






c0119411_14401657.jpg







「サモトラケのニケ」です。
この彫刻、私好きなんだよね~
この写真でも分かるだろうけど、すごい人でしょ・・・






c0119411_1440453.jpg







「ミロのヴィーナス」。
こういうのを八頭身といいます。
写真で見るより、綺麗です。


ルーブル美術館には、もっと有名な作品もあるけどここまでです。
今日の更新もここまで。
[PR]

by elizabeth_lyra | 2009-08-31 14:41 | リアル

旅行3日目

3日目は山の上ですね。

今日はコメント何もいいますまい。

アルプスの自然の雄大さ、素晴らしさを写真でお確かめ下さい!
手抜きじゃないYO





c0119411_10152849.jpg







まだ地上です(ぇ






c0119411_10161896.jpg







この駅から乗り、






c0119411_10164641.jpg







この電車で上まで行きます。
途中、2回ほど3回だったかな・・・乗り換えます~
「世界の車窓から」に出てきそうな感じ~






c0119411_10171824.jpg







中はこんな感じ。

途中、5分くらい下車して観光する場所があります。
高山病対策?なのか列車の速度もゆっくりだし、5分くらい降りて見たり~
「アイガーの北壁」というのが見えたのかな?
アイガーは山の名前です~
私は、ちょっと疲れてた&少し高山病入ってた感じで見に行くのはやめたけどねぇ

ここからは、上まで行くまでの列車から見た景色です。

ユングフラウ(山の名前)が見えます。






c0119411_10175813.jpg







↓は、左がアイガー(タブン・・・)、右がユングフラウ。






c0119411_10193331.jpg







こんな高いところに牛が!






c0119411_1020295.jpg







なんて感動してる内に、展望台に到着~
山頂からみた景色は。






c0119411_10204395.jpg







c0119411_1021438.jpg







こんな感じ。
ちょっと怖かったw
展望台では、世界で一番高いところにある郵便ポストから、家にポストカードを送りました!
貴重品貴重品。

そして、下りももちろん列車で。
途中の駅で昼ご飯~
でも、時間の関係でご飯ゆっくり出来ず、ほとんど味わうこともせず無理矢理食べた・・・(´・ω・`)
でも、パスタで美味しかったんだ!
あんな自然の中で食べたのもあるのかも!
空気も美味しかったしね~


とバタバタとまた地上へ降りてきました。
ん~・・・私の技量がないために、あまり自然の雄大さ伝わらないかも・・・
やっぱり写真だなぁ。切り取られた中のものでしかないもんねぇ。
実際の景色は、本当に言葉では表せません。
このすごさ知りたい方は、ここに行ってください!としか・・・

行く前はねぇ、ふざけて「クララ~~~ペ~~~タ~~~て~~ねんぴ~~~!」って叫んでって言ってたんだけど、この自然を目の前にしてそれを言える方はある意味・・・・KYですウンウン。
参りました、と跪きたくなる景色だったなぁ。

ハイジが駆け回ってそう?っていう景色もあったんだけど、でもハイジの故郷はここではなく、マイエンヒェルトというところです~


雄大なスイスの自然を後にし、






c0119411_10214138.jpg







TGV(フランス新幹線)にのりフランスパリへ。

ホテルに着いたのは、11時頃。
旅にはハプニングがつきものです。
部屋の洗面台が詰まってて、流れず。
フロントに連絡したら、フロントには一人しかいず、直す人もいないと。
部屋変えてもらったんだけど、結局落ち着いたのは夜中の1時・・・
そこからあーだこーだと明日の準備して寝たのが2時くらい(´・ω・`)
次の日、普通に6時起きで動かないとだったから、きつかった~


スイスに関しては、知識がなくあまりよく伝えられなくてごめんねぇ(´・ω・`)
[PR]

by elizabeth_lyra | 2009-08-26 10:22 | リアル

んんんんんん

こう、書くこといっぱい詰まってるときに限って、書きたいことが出てくるという(´・ω・`)

昨日、甲子園決勝でした。

ルーキーズをリアルにしたような、試合。

本当に面白い試合だった~

中京大中京(愛知) vs 日本文理(新潟)。

10-9で中京大が優勝しました~

おめでとう!

それにしても、9回2アウトから5点も追い上げるなんて。

最後まで全力で戦うかっこよさ、何度見てもいいものです。

毎年、高校野球楽しませてもらってるけど、本当に飽きません。

毎年毎年、別々のドラマがあるしねぇ

昨日も最後、たまたまサードライナーだったけど抜けてもおかしくない打球。

抜けてたらどうだったんだろ~とも思うけど。

これを打たないと負けてしまうプレッシャー、これを守らないと同点に(もしかすると勝ち越される)プレッシャー。

この意地と意地の戦いは、最後の最後まで諦めない素晴らしい試合になりました。

勝った方も泣いていたと言うところに、よく現れてるねぇ。

本当に中京大中京の球児達、優勝おめでとう!

でも毎年言うけど、甲子園を沸かせた高校球児の全員がヒーローです!

楽しませてくれてありがとう~



ここまでは高校野球の話。

もう一つは、世界陸上ですね。

いやぁ、ボルトすごいです・・・・

100と200で世界新記録とは。

今年の世界陸上は、ボルトボルトでしたね~

異次元の世界だったわ・・・

今年の世界陸上は、ドイツだったからか夜中やっててタイムリーで見れなかったんだけど(´・ω・`)

残念だったのは、イシンバエワ。

あの泣き崩れは、見てられませんでした・・・

でもそれが今回の実力だったんでしょうね。

タイムリーで見れたものは、マラソンです。

男子の佐藤敦之さんが6位入賞。

男子団体で3位の銅メダル。

佐藤敦之さんが6位というのが意味あるねぇ。

彼は、オリンピックで屈辱の最下位。引退も考えたのを頑張ってここまで復活したんだから。

嬉しいことです。

そして、女子!

尾崎好美選手、堂々の銀メダル!

本当にいい試合でしたよ~

おめでとう!



旅行の日記は、今日は休憩~w
[PR]

by elizabeth_lyra | 2009-08-25 14:27 | スポーツ

旅行2日目 part2

続きは、白鳥城の後からか!

まずは腹ごしらえで、お昼ご飯。
マウルタッシェという郷土料理をいただきました






c0119411_132427.jpg







パスタ生地の中に、ほうれん草と玉葱、肉を詰めたものです。
イタリア料理に似てるけど、あれよりも大きかったよ~
これは美味しかったと思う!

腹ごしらえも終わり、次のところへ。
リヒテンシュタイン公国という国知ってる人いますか?
すごく小さな国です。
スイスとオーストリアに挟まれてて、人口3万人くらいしかいないんだって。
世界最小の国にヴァチカン市国があるけど、ヨーロッパには他にも小さな国がごちゃごちゃあるんですよ~。
恥ずかしいけど、リヒテンシュタインという国は今回初めて知りました。
調べてみたら、宮崎駿監督の「ルパン3世カリオストロの城」の舞台モデルになってるんだね!
添乗員さんによれば、切手が有名みたい~

リヒテンシュタインの首都、ファドーツで1時間くらい散策しました。






c0119411_1333512.jpg







カリオストロの城です。
じゃなかったファドーツ城です。
山の方にあるんだね~
近くでは見ず、遠くから眺めて終了~
お城の割にはこじんまりで、かわいいお城w

まずはインフォメーションで、パスポートにスタンプ押してもらったよ!
パスポート審査とかないし、いらないんだけど、リヒテンシュタインのスタンプなんて滅多に押してもらえないだろうと。
今回が最初で最後になるかも!と思って、スタンプもらった~
お金かかったけどry

私がここリヒテンシュタインで何していたかというと・・・
写真撮ってた!
え?いつも撮ってたって?
それはそうなんだけどー
撮ったものが・・・






c0119411_1344049.jpg







こんなのや






c0119411_1345523.jpg







こんなの!
変な像(←失礼)が、街中にいっぱいあった!
こういう変な何とも言えないもの、好きなんだよねぇww
2枚目の写真、親に見せたらこんなのどこにあったの!って言われたしww
街観光より、変な像探しにry

もちろん、切手博物館とか自分の買い物したりしてたよ!
なかなか行かない場所の物は欲しいしね~

像を見てたら、あっという間に1時間が経ち・・・w
気がついたらバスの中~

この後は、もうホテルへ移動するだけです。
スイスのインターラーケンというところにホテルはあります。
ホテルまでの道のり、バスの中からの景色が素晴らしかった。。






c0119411_136124.jpg







c0119411_1362792.jpg







c0119411_1364962.jpg







山の上なんかに行かなくても、自然の雄大さが伝わってくるよ~
こんなすごい山や自然に囲まれてすごすの、羨ましいなぁ><

ホテルには6時半頃着きました。
ホテルの部屋が、すっっっっっごく可愛かった~~~!
もう感動して一人ではしゃいでた~
ホテル内の写真が・・・ないですorz
でも、部屋からの眺めも素晴らしかったよ






c0119411_1371928.jpg







こんな感じ。
食事もすごく良かった~~
この旅行で一番美味しかった!
おかわりも出来たし~
写真・・・?w
いや、美味しくて撮るの忘れ・・・(´・ω・`)
美味しくない物ばかり撮ってたのかしら(´・ω・`)
肝心な物を撮ってないという!

食事終わっても、まだまだ外は明るいです。
ドイツ・スイスは、8時くらいに暗くなってくる感じだけど、フランスでは9時とかでも明るかったよ~
流石、緯度が高いです。
こんなに明るいのに、ホテル内でぐだぐだするのはもったいない!と、街までお買い物に~。
不思議なもので、明るいと人は活動的になります。
冬は逆に夕方3時には暗くなってきて、4時には真っ暗だしねぇ
(イギリスではだけど、だいたいそんな感じかな?)
ヨーロッパの店は、早く閉まるところが普通なんだけど、おみやげ屋さんはあいてました。
疲れたけど楽しかった~

明日は、山の上ですよ!
[PR]

by elizabeth_lyra | 2009-08-24 13:08 | リアル

旅行2日目 part1

2日目のメインは、ノイシュバンシュタイン城です。

8時半にはホテルを出て、10分後には着いてました。

ノイシュバンシュタイン城と言えば、あの有名なディズニーランドのお城のモデルとなったお城です。

春夏秋冬で印象が違うはず。
春はちょっと分からないけど、夏は緑に囲まれ、秋は赤や黄色の紅葉に、冬は雪の白さに囲まれて幻想的です。

ノイ=新 シュバン=白鳥 シュタイン=石?→新白鳥城と呼ばれてます。
ちなみに、シュバインにしたら豚になるので注意w
白鳥城と豚城じゃ相当な違いが・・・

ノイシュバンシュタイン城は、ルートヴィッヒ2世が建設しました。
まだ新しいですよ。19世紀に建ったものだもの。
そう考えると、時代遅れでおかしな城だよねぇ・・・

ルートヴィヒ2世って人が、少し変わった人で中世の騎士道に憧れた王様でした。
ワーグナーという音楽家をこよなく愛し、パトロンに。
(彼は、エリザベート以外は女性を嫌い、美青年を愛した人です。)
ワーグナーの作品が、城の色んなところに散らばってました。
この城、住めるまではいったけど未完成じゃないかなぁ?
そして、彼がこの城に住んだのってわずか何ヶ月かくらいみたいです。

このお城以外にもいくつか城建設に手つけてて、費用が莫大に。
借金してまでも作り続けたから、大変。
最終的には、精神鑑定受けさせられて統治不能として、軟禁されます。
(彼が本当に病気だったかは・・・・未知の世界です)
そして、次の日主治医と湖で倒れているのを発見されるんです。
その死の原因は、未だに分かってないんです。
ミステリアス~

前置きが長すぎるんだよねorz
ごめんね(´・ω・`)
頑張ってバスの中で説明聞きながら、寝ながら勉強してるので(ぇ

さて、観光観光。
ノイシュバンシュタイン城は、山の上にあります。
城までは、ハイキングコースみたいになってて、歩いていくと本当に軽いハイキング。
(前に来たときは歩いて、大変だった記憶が。。)
外国の方々は、歩くの大好きな方が多いので、歩いてる人多かったですよ~。
歩くの嫌~辛い~という怠け者の皆さん、安心してください。
きちんとお城近くに行くバスや、馬車が出ていますよっ
(馬車のおかげで馬の糞がそこら辺にあるけどry)

怠け者の我々日本人ツアーは、もちろんバスで移動です






c0119411_11253457.jpg







このバスで上まで行きます。

お城に入る前に、お城が一番良く見える橋のところへ。
(このお城は中はもちろんいいんだけど、外見も大事だからね~)
この橋マリエン橋といって、ベラート渓谷に架けられています・・・






c0119411_1126822.jpg







こんな橋・・・
(これは城の方から撮ったものです。)
いや、怖いし!え、そこに行くの無理だし!
でも撮りたいし・・・・
前来たときは、冬だったのでここには来れませんでした。
こんな橋だとは・・・・・
・・・・・それでも、勇気出して行きましたよTT-TT






c0119411_11264994.jpg







・・・・・・(^ω^)
残念ながら、工事してましt
く~~~一番綺麗に見えるところがぁぁぁぁぁぁ
まぁしょうがないわね~・・・
工事してるけど、ディズニーランドのお城が思い浮かぶでしょ?

ここからは、色々な角度のノイシュバンシュタイン城をお楽しみくださいませ。






c0119411_11273133.jpg







c0119411_11274960.jpg







c0119411_112812100.jpg







↑ここから城内へ。






c0119411_11284968.jpg







ん~。こうやってみると、遠くから見る方が綺麗な印象あるなぁ。
ここから中見学なんだけど、当然写真撮影は禁止です。
お城の中から、外を移すのはOKなんだけどねぇ
こっそり~出来たらいいんだけど、係員が常にいるので自粛b

サイトでないかな~?って探してみたけど、

ノイシュバンシュタイン城内

これくらいしか見つけられなかった。。(と言うよりメンドクサクテry
この広間で、ワーグナーの「タンホイザー」だったかな?を上演していたんです。

城内の見学も終わったんだけど、ここの近くにもう一つお城があります。






c0119411_11305375.jpg







これです。
(ノイシュバンシュタイン城から撮ったもの)
これは、ホーエンシュバンガウ城(ホーエン=上 シュバンガウ=白鳥河口→上白鳥河口城)です。
(ちなみに、白鳥城はノイホーエンシュバンガウ城と呼ばれていたこともあるんですよ)
ホーエンシュバンガウ城は、ルートヴィヒ2世のお父さんが所有する城で、ルートヴィヒ2世が幼少の頃過ごした場所です。
今回は、時間の関係で残念ながら行けなかったけど、このお城もいいところですよ。
こちらの方が住み心地がよさそうで、中の雰囲気はこちらの方が好きだったなぁ。(以前来たときの感想ですw)






c0119411_11314278.jpg







黄色いお城なんです。

お城見学も終わり、下りは徒歩で。






c0119411_11321529.jpg







これが馬車。お馬さん~
下りの方ももちろんありますよ~
この時は、歩いた方が早いと言うことで下りは歩きw
この写真撮ってたら、挨拶されてしまったww
陽気な人が多いです♪
個人旅行だともっと声かけられたりとかエピソード多いんだけど、今回はそんなになかったなぁ

今日のノルマはここまで!w
次のところは実はちょっとしかないんだけど、またまた長くなったので!
手は抜きたくないしね・・
[PR]

by elizabeth_lyra | 2009-08-21 11:33 | リアル

旅行1日目 part3

結構挫折しそうです・・・orz
頑張れえり~!

ハイデルべルクを後にし、バスでローテンブルクへ。
ローテンブルクの見所は、旧市街。
ローテン=赤 ブルク=城→赤い城というだけあって、赤い屋根の家々が並んで、可愛いとても綺麗な町です。

流石に赤い町!っていう写真撮れなかったので・・・


ローテンブルク


ここの写真で確認してみてね!

日本人にすごく人気のある町。
ローテンブルグは城塞都市。
お城はないけどねぇ
その中世の町並みが今でもそのまま残ってるから、タイムスリップした感じがするよ~

ローテンブルクの面白い話があるんだw
聖霊降臨祭に上演される舞台、マイスタートランクで扱われてるんだけど。

ローテンブルクを占拠した伯爵が、町を焼き払うと言いだし、これは大変だと思った市民は、ワインで伯爵を歓迎。
このワインがものすごく美味しい。
気を良くした伯爵は、「この大きなコップでワインを一気に飲み干せたら、この町を焼かずに救ってやる」と。
ここの市長さんが進み出て飲み干し、伯爵はこれに感激。
町は焼かれずに済みました。

という話です。
ハイデルベルクにしろ、どれだけワイン美味しいんだろうか。
あーでも、以前に行ったときヴュルツブルクというところで飲んだ赤ワイン、絶品だったな
あれは、今までに飲んだ中で一番だった・・


さて、観光ですが。
旧市街に入る前に、昼食です。
まずは下ごしらえ
昼間から飲んでるって?まぁまぁいいじゃないw





c0119411_1053073.jpg






これがその噂のローテンブルクワインですよ~
甘くて、飲みやすくてジュースのように・・・・美味しい(ぁw

父親が頼んだものなんだけど、小麦ビールというものも有名です。





c0119411_10541247.jpg






これものすごく美味しかったみたい。
普段滅多に飲まない母親が、美味しい美味しいって飲んでました
小麦ビールにはまったのか、小麦ビールあるところ先々で頼んでたわ
私の方が飲んでないry
でも、本当に美味しかったですよ。
濃厚で、苦みがあまりない感じ。泡がいつまで経ってもあるの~。

食事の方は、






c0119411_10555150.jpg







c0119411_10561476.jpg







・・・・・ごめん。
美味しそうに見えるんだけど、スープは塩っぽくて食べれませんorz
口曲がるかと思った!
ツアーの人みんなそうだったもの・・・
でも、ソーセージその物は美味しかった♪

食事も終わり、観光本番。
と行きたいところなんだけど、飛行機が遅れたせいで時間も押してて、見る時間ほとんど無かった(´・ω・`)
(スケジュール表見て、予想はついたけどね・・・)
主な観光スポットは、マルクト広場・城があったブルク公園・教会があるんだけど、まともに見れたのはマルクト広場。。
まぁ、ここは町並みが見所だから、町並みを楽しんでくださいな~





c0119411_1057376.jpg







ここから旧市街に入っていきます。
城塞都市だから、町が城壁で囲まれてるんですよ!
登れるところもあるんだよ~
時間無くていけなかったけど(´・ω・`)






c0119411_10584665.jpg







c0119411_1059176.jpg







絵で見るように可愛いでしょ~






c0119411_110279.jpg







これがマルクト広場です。
左の建物が市庁舎。
右の建物は、市議会宴会場。
この市議会宴会場のからくり時計は、有名です。
(ちなみにミュンヘンのからくり時計も有名だよ)
マイスタートランクの話をからくり人形で表現してるんだ。
からくり時計が出てくる時間は決まってて、残念ながら見ることが出来なかったけど・・・

ここから自由時間。自由時間といっても、30分くらいしか無かったけど(´・ω・`)
トイレ行ってー・・・してたら、20分。
どこか観光する時間もなかったから、お買い物しました。
1年中クリスマスグッズが売っているところへ。
これがまた素晴らしい!もう目移りするくらいたくさんのグッズ!
こういうの大好きな私には、たまらないけど迷ってる時間がない!みたいな・・・
いくつか買ってきましたよ~

時間はあっという間に過ぎ、会計すますのに集合時間5分前。
焦り焦りで、買えるかと思ったけど無事に買えて一安心。
こういうとき英語少し分かってると楽だね!


バスまで歩きながら、写真撮ってきました。
ドイツって、看板とかもすごく可愛いんだよねぇ。






c0119411_1111126.jpg







かわいいでしょ?

ウィンドーもすごく可愛く飾り付け。






c0119411_1114698.jpg







くーーーー。時間あれば入るのに!

バタバタとローテンブルク観光は終わり、バスで宿泊するフュッセンへ。


ホテルの夕食は・・・






c0119411_1122152.jpg







ごめん!量が多い上に、最悪です(´・ω・`)


2日目はフュッセンにある白鳥城観光から始まります。


おまけ:バスの運転手さん(ドイツの人)、すごい運転技術なんだけど、この日機嫌が悪かったんです。
なぜかというと、何㎏走ったら何分休むとか、そういう決まりがあるみたい。
時間が遅くなってた分、ホテルで休む時間少なくなってるせいかプンプン。
添乗員さんも私たちツアー客と、運転手さんの狭間で大変だねぇ。

お詫び:前記事で、ハイデルブルグって書いてたけど、正式にはハイデルベルクです。
調べてみたら、Heidelbergというスペル。bergは、山という意味。
ブルクはburgで城という意味だから・・・
ハイデルブルクって書いてる人もいるけど、ハイデルベルクが正しかった~。癖でブルク、ブルグって書いてしまうorz
[PR]

by elizabeth_lyra | 2009-08-20 11:03 | リアル

旅行1日目 part2

相変わらずミクシーコピーですっ
写真はちょっとずつ違うけどねw

飛び立つのに1時間遅れたせいか、着くのも遅れました。
13時間の移動機中泊は、やはり大変です。
寝不足になっちゃうしね(´・ω・`)
もう少し椅子間隔広くして欲しいと思うよ~

フランクフルトは、残念ながら雨。



c0119411_11211234.jpg





そのままバスでハイデルブルグへ。
すごい強行軍ry

ハイデルブルグの話?する前に、ドイツにはいくつかの街道があります。元々、個人旅行者向けに分かりやすく設定した、史跡・綺麗な風景を結んだ道。
その道を日本では観光ルートとして使ってるものですね。
日本で一番有名なのがロマンチック街道(これは、別にロマンチックな訳じゃないですよ!wロマンチック=ローマのという意味です)、古城街道、メルヘン街道、ゲーテ街道、アルペン街道(一番古い街道)などが有名です。
他にもいっぱいあるんですよ!ミステリー街道とか魔女街道とかねw
興味合ったら、ドイツの地図とかで確認してみてください~

ハイデルブルグは、古城街道(マンハイムからチェコを結ぶ道)のハイライトの一つです。
ネッカー川沿いにある古くて綺麗な町ですよ。





c0119411_11215850.jpg





曇ってるから、あまり綺麗に撮れてない(´・ω・`)

ネッカー川に架かる、街で最も古い橋「アルテ・ブリュッケ」(正式名は「カール=テオドール橋」です)。
元々木だったんだけど、流されたり戦争等で何度も建てかえられて、今の石造りに設計したのがカール=テオドールさんみたいですね。





c0119411_1123480.jpg






c0119411_11232418.jpg





石畳の綺麗な橋だったよ~。
↓は、カール=テオドール橋から見たハイデルブルグ城。
お城のことは、後で。




c0119411_112418100.jpg





これが、設計者のカール=テオドールさん。





c0119411_11245581.jpg






なんか、こんなところに猿なんだか猫なんだか分からない、怪しい像が!






c0119411_11252540.jpg






何か意味があるみたいだけど、ちょっと分からない・・・
後で調べてみようっと。

ドイツは今回で2回目。ドイツに関して言えば、全て行ったところ。
もちろんここハイデルブルグもです。
相変わらず町並みが綺麗なところでした。





c0119411_11262264.jpg






c0119411_11271385.jpg





ハイデルブルグで朝食を。
(これだけ話してたから、朝食だと思わなかったでしょry)
実は、朝食したところは「騎士の館」と言って、ハイデルブルグの最も古い建物です。
だから、中の雰囲気が厳かというか何というか威厳があった!
働いてる人もすごく堂々としてるし~(ちょっと偏見でs)
朝食は、バイキング形式。
パン・ベーコン・チーズ・コーヒー・ジュースという簡単なもの。
でも、パンそのもの美味しかったし、チーズがうまかった~~~
チーズきちがいにはたまりません

ハイデルブルグ城に行くまで、本当に少し時間があったのでその辺を。
この騎士の館があるところは、マルクト広場の近くで市庁舎があったり、教会があったりします。
行政の中心かな~?タブン





c0119411_11281755.jpg






これが市庁舎です。
市庁舎でも可愛いよねw

これ教会~





c0119411_11284751.jpg





この教会のところに小さな野外店があって、色々かわいい小物売ってました。
買う時間無かったけどorz

この後、ハイデルブルグ城へ。
ハイデルブルグ城は、山の上にあります。
バスで行ったから楽だったけど、以前行ったときは個人旅行(留学してたときに行ったからね)。歩いていったら、きつかったのを覚えてるよ~
そして、ドイツに残る最も古い城跡です。
もっと詳しいこと書きたいんだけど、書いてる人が写真撮影に夢中ryでガイドさんの説明ほとんど聞こえてなかったので!
写真でその古さと雰囲気を味わってください
手抜きだって?えぇ手抜きですy
いや、書くの嫌になったとはいいませn





c0119411_112945100.jpg






c0119411_11302371.jpg






c0119411_11304191.jpg





古い感じ伝わってくるでしょ?
これは庭かな~。タブンネ・・・

観光してたら、結婚式挙げようとしてる日本人が!




c0119411_11311782.jpg





すごく美男美女の組み合わせ~
もちろんおめでとうと言ってきましたよ!




c0119411_11322820.jpg





お城入り口広場です。
これの有名?なのが日時計みたいです。
見にくいけど、右の建物の上の方にあるんです。

あ、一つだけ思い出した。
ここの城主さんは、すごく大酒飲み。
ワイン大好きな人でした。
そのワイン好きが高じて、作ってしまったのがでっかい酒樽!
本当に大きかった。でかすぎ!
写真撮ってる人の技術が無く、ぶれてしまってたので写真はなし(´;ω;`)
ワインの試食?販売?もやってるようでしたよ~
ライン川沿いのワインは、美味しいんだよ

ハイデルブルグ城から見た町並みです。




c0119411_11331955.jpg





ハイデルブルグは、教育機関でも有名です。
ハイデルブルグ・ループレヒト・カールス大学ね~
ふるーい大学だよ。
ノーベル賞受賞者も何人かいるみたい。
あと教会とかもあるし。(ヨーロッパの街はどこにでも教会はあるものだけどねw)
今回は行かなかったけど、次また来れるならそこもゆっくり見てみたいです。

part3に続くになります・・・
思ってたより長くなってしまった(´・ω・`)
本当は2で1日終わらせようと思ってたのに!
[PR]

by elizabeth_lyra | 2009-08-19 11:34 | リアル

ぐぅ…

最後の最後で逆転されて負けた〜!
悔しい…ヾ(*`⌒´*)ノムキー
やっぱりもう1点欲しかったもんなぁ
智辯のピッチャー、いいピッチャーだったけど、打ててたから尚更。
1点欲しいときに取れないと、やっぱりだめねぇ
後半、第一のピッチャーに合ってきてたしね…
そして、前半は智辯ミス多かったけど、後半第一もミス出てたもん。

途中までは勝てるかも!って思えただけに、悔しいなぁ
リベンジならず(´・ω・`)
[PR]

by elizabeth_lyra | 2009-08-18 17:22 | スポーツ

旅行1日目 part1

やっと写真整理ついたので、旅行のことをぼちぼち書いていこうと思います。
ミクシーの方でも書いてるから、手抜きしてミクシーと同じ記事にします・・・
いいよね?w
写真は同じような違うようなでry

千歳1時20分初。
いよいよ旅行の始まり始まり~




c0119411_1136213.jpg





飛行機は中国東方航空。
阪急交通社の「びっくり感動のヨーロッパ4カ国周遊8日間」というツアーです。
ツアー参加は、31人でした。
出発前に添乗員さんの話を。
この添乗員さん、なんか変わってる・・・
話しすぎで、肝心なところが話してるんだけど埋もれて分からないwww
旅の流れを言ってるかと思ったら、後ろに蚊飛んでますよって言ってみたりww
人数確認あまりしないし、結構不安な方だなと言う印象です。
周り見てみると、大丈夫かぁ?っていう表情の人がちらほら
旅行慣れしてたらいいけど、慣れてない人はかなり不安感じたんじゃないかなぁ?置いてかれたら大変だしねぇ。
でも今回、海外初めての人はそれほどいなかったみたい。

今回の旅程は、ドイツ・スイス・フランス(・上海)。
ドイツのフランクフルトまでは、上海乗り継ぎで行きました。

2時間くらいかけて上海へ。
現地時間で16時くらいに到着。
次のフライト(24時だよ次!)までかなり時間があったから、夕飯を食べて、上海の東方明珠TV塔まで観光に行ってきました。

上海、曇ってた。というより、少し雨降ってたんだ(´・ω・`)
日食辺りまでは晴れてたみたいなんだけど、日食で嵐来てから天気が悪いんだとか。

夕飯は、もちろん中華料理。




c0119411_11372458.jpg




ご飯もさもさ・・・しょっぱかったり、スープは未知の味。
なにこれ!って感じ。いまいちだったなぁ。
辛い麻婆豆腐とか、角煮はまだましだった。
安い旅行だけあるかな~

夕食後は、外灘TVタワーへ。
アジア最大の塔だったんじゃないかな?
今は分からないけど・・・




c0119411_11382554.jpg






これがTV塔~
塔に入るまで、1000円1000円って物売りがうるさい・・・
前に中国に来たときもすごかったけどねぇ。
スリには気をつけないと!

上まで行ったけど、生憎霧で外の景色見れませんでした。
辛うじて、




c0119411_11385754.jpg





こんな感じ(´・ω・`)
足下がガラスで、下がすけてるところも合ったんだけど、晴れてたら絶対歩けないだろ!!!って感じ。
あれは怖い。絶対無理!
霧かかってて良かった・・・

そうそう、展望台でおかしな人だかりがいたんだ。
中国人がわんさかと集まってた。
集まってる中心見てみると、西洋人が。
確かにイケメン&美人さんだけど、映画俳優でもないし何だろう?と思って、添乗員さんに聞いてみると。
「中国の人って、西洋人好きみたいですよ。日本人が向こうに行って珍しがられるように、珍しがって写真撮りたがるみたい」
だって。
す・・・すごい中国人w
それにしても、上海って色んな国から集まってくるはずなのに、外国人に対して、あんなものすごい反応するもんなんだなぁって思った。
黄色い歓声飛んでたんだよ!

時間が来たので、TV塔を後にして空港へ。
手続きしたり~なんだかんだして飛行機に乗り込みました。
乗り込んでからが長かった・・・
飛び立たない!何があったんだか分からないし。
1回英語で、遅れてますのアナウンスかかっただけ。
さすが中国な感じだわぁ。
結局飛び立ったのは1時間後。
夜の1時かw結局何があったんだろうなぁ。

フランクフルトまで、13時間。
この機内でどう過ごすか。
狭い席で、エコノミー症候群にならないように、水分採ってトイレ行って~
映画、ハリーポッターシリーズやってるみたいだったなぁ。
知ってるからスルーw
機内食は最悪。
基本は寝ないとだから、無理矢理寝てましたよ~
こういうとき、背が低いのいいよいいよw
ラッキーなことに、隣に人がいなかったから、2つシート使って横になってました



フランクフルト着いてからのことは、また後日~
[PR]

by elizabeth_lyra | 2009-08-18 11:40 | リアル

あーあーあー(´・ω・`)

負けた…orz

え、お仕置き?(´。・ω・。`)
やだぁ((ヾ(〃>_<〃)ノ))

負けたの私のせいじゃないよ!
↓のコメントした2人の呪いだと思うんだ!
[PR]

by elizabeth_lyra | 2009-08-16 18:09 | スポーツ